HEIWA-TECH(ヘイワテック)|プレス加工技術情報提供サイト

 

メニュー

         

部品の共通化による効率化とコスト削減

改善前 -BEFORE-

製品を組み立てる際、部品Aと部品Bをそれぞれ用意していました

改善後 -AFTER-

部品A・Bは共通した部分が多い為、それらを組み合わせた部品Cを設計・採用しました
部品Cを使用する事で部品A・Bを別々に用意する手間を省けました
「部品A・Bの製造でその都度発生する金型交換を省略」
「”AがBに混ざる”などの部品混入トラブルを防止」
……部品の共通化によって様々な改善が期待できます
 
項目一覧
平和金属工業株式会社